当ページでは、JavaScriptを使用しております。
ご使用のブラウザのJavaScript機能を有効にして、ページを再読込してください。

国立大学法人宮城教育大学教職大学院のロゴマークです

カリキュラム
CURRICULUM

高度教職実践専攻科目

共通5領域(科目)

教育課程の編成・実施に関する領域
教科の実践的指導に関する領域
生徒指導・教育相談に関する領域
学級経営・学校経営に関する領域
学校教育と教員のあり方に関する領域

実践的指導に関する科目

 本学教職大学院では各自の学びを深めるため、専門領域に基づく研究活動を行っています。
 研究の成果として、リサーチペーパー等を作成して発表します。この領域は「必修」になります。

年次
期間
授業科目名 形態 単位 概要
1年次 通年 実践適応と評価・分析論A 演習 2 児童生徒の実態の把握・分析と、それに基づく実践・教育課程編成という一連のプロセスについて省察し、一般化を行い、リサーチペーパーを作成する。作成に当たり、院生は、教育経営班、学習開発班、教育相談班のいずれかに所属し、複数の教員による指導を受ける。リサーチペーパーの作成だけでなく、発表会の内容等も本授業内容に含まれる。
2年次 通年 実践適応と評価・分析論B 2
集中 臨床総合教育研究A 2 リサーチペーパーの作成に関して、体系化した理論をもとに、実際に授業実践や事例研究等、各自の研究テーマに応じた実践に取り組み、記録を集積する。実践で得た成果と課題を踏まえ、各自の研究内容の改善を図っていく。その際、作成した教材・教具等についても、一般に公開することを前提として集積する。
臨床総合教育研究B 2 「臨床総合教育研究A」での成果と課題を踏まえ、高度教職実践専攻における2年間の研究の総括としての実践を行い、記録を集積する。一連の実践で得た成果と課題を踏まえ、各自の研究を体系的にまとめた教材ミュージアムを完成させる。

学校等における実践研究

 本学教職大学院では理論と実践の往還を図り、学校現場における実践的指導力を高めるために、5種類の教育実習をカリキュラムに位置付けています。

【実習内容】
年次 期間 授業科目名 実習先 実習内容
1年次 前期 5月
~
6月
基礎実践研究Ⅰ
(10日間)
現職教員 免除 ※授業実践、研究授業(1回)
ストレート
マスター
附属学校園 ※学級・学校経営、生徒指導についての学修
6月
~
9月
基礎実践研究Ⅱ
(10日間)
現職教員 免除 ※基礎実践研究Ⅰを踏まえた課題追究
ストレート
マスター
連携協力校 ※学校行事への参加による学修
後期 10月
~
1月
応用実践研究Ⅰ
(各5日間)
実習A 現職教員 研究指定校等(指定された学校等から5日分を選択) ※研究指定校等の研究活動(公開研究会等)に参加し、実践内容や研究組織・運営についての学修
ストレート
マスター
実習B 現職教員 連携協力校等(指定された学校において5日間以上を実施) ※H29の例
①仙台市内小中学校での授業づくり訪問への参加(3日間)
②熟達教師による師範授業参観(2日間)
ストレート
マスター
2年次 前期 5月
~
8月
応用実践研究Ⅱ
(10日間)
現職教員 現任校 ※1年次の実習を踏まえた授業実践、研究授業(1回)を行う。
※学級・学校経営、生徒指導についての学びを深める。
ストレート
マスター
連携協力校
後期 9月
~
1月
応用実践研究Ⅲ
(10日間)
現職教員 現任校 ※2年間の学びのまとめとして、授業実践、研究授業(1回)を行う。
※学級・学校経営、生徒指導についての学びを深める。
ストレート
マスター
附属学校園

※基礎実践研究Ⅰ、基礎実践研究Ⅱが免除されない現職教員は、ストレートマスターの場合に準じる。

【実習スケジュール】
1年次
前期
後期
4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
 
基礎実践研究Ⅰ
(附属学校園)
10日間
     
応用実践研究ⅠB
(連携協力校)
5日間
   
   
基礎実践研究Ⅱ
(連携協力校)
10日間
   
 
応用実践研究ⅠA(研究指定校等)5日間
   

※基礎実践研究Ⅰ・Ⅱについては、現職教員は免除(免除されない現職教員は、ストレートマスターの場合に準じる)
※基礎実践研究Ⅱについては、基礎実践研究Ⅰ終了後に開始する。
※応用実践研究ⅠAについては、基礎実践研究Ⅱ終了後に開始する。

2年次
前期
後期
4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
 
応用実践研究Ⅱ
(現任校または、連携協力校)
10日間
応用実践研究Ⅲ
(現任校または、附属学校園)
10日間
   

教科・領域専門バックグランド科目群 (H29年度)

教科・領域専門バックグランド科目群は、学生の課題追究に対する理論的な支援と、現職教員学生の学び直しの支援を行います。

  • 教育学特論・特演A
  • 教育学特論・特演B
  • 教育史特論・特演A
  • 教育史特論・特演B
  • 臨床心理学特論・特演
  • 発達心理学特論・特演
  • 幼児教育特論・特演A
  • 幼児教育特論・特演B
  • 環境教育情報特論・特演A
  • 環境教育情報特論・特演B
  • 環境保全特論・特演A
  • 環境保全特論・特演B
  • 環境教育実践特論・特演A
  • 環境教育実践特論・特演B
  • 自然環境教育実践特論・特演
  • 視覚障害教育特演
  • 発達障害教育特演
  • 聴覚・言語障害特演
  • 国語学特講
  • 国文学特講
  • 漢文学特講
  • 国語科教育特講
  • 歴史学特講
  • 地理学特講
  • 法学・政治学特講
  • 経済学・社会学特講
  • 哲学・倫理学特講
  • 社会科教育特講
  • 解析学特講
  • 代数学特講
  • 幾何学特講
  • 数学科教育特講
  • 物理学特講
  • 化学特講
  • 生物学特講
  • 地学特講
  • 理科教育特講
  • 声楽特講
  • 器楽特講
  • 作曲特講
  • 指揮特講
  • 音楽学特講
  • 音楽科教育特講
  • 絵画特講
  • デザイン・工芸特講
  • 彫刻特講
  • 美術史・美術理論特講
  • 美術科教育特講
  • 教育保健学特講
  • 運動学特講
  • 体育学特講
  • 保健体育科教育特講
  • 電気特講
  • 機械特講
  • 木材加工特講
  • 栽培特講
  • 食物学特講
  • 被服学特講
  • 住居学特講
  • 保育学特講
  • 情報特講
  • 生活系教育特講
  • 英語学特講
  • 英米文学特講
  • 小学校英語活動特講