当ページでは、JavaScriptを使用しております。
ご使用のブラウザのJavaScript機能を有効にして、ページを再読込してください。

国立大学法人宮城教育大学教職大学院のロゴマークです

教職大学院とは
ABOUT US

設置の趣旨

高度教職実践専攻(教職大学院)とは

 専門職大学院制度の中に、教員養成の専門職大学院として創設されたのが教職大学院です。近年、教員養成の分野において、より高度な専門性と豊かな人間性・社会性を備えた力量ある教員が求められています。この高度教職実践専攻では、現職教員と学部卒業生等を対象に、本学が持つ充実した教科等の指導力を基盤として優れた専門的職業能力を備えた教員を養成します。

基本理念

 本教職大学院は、理論と実践の往還による優れた教育の創出を目指してきた修士課程の歴史と、2001年3月から始まった宮城県教育委員会、仙台市教育委員会との組織的な連携活動の蓄積を礎石として、2008年4月に設置されました。
 教職としての高度な専門性を前面に掲げながら、それが各分野の深い学問的知識・能力の育成によって支えられるという形で、理論と実践を統一的に追及することを目指した教育を実施します。

目的

 専ら教員の養成及び研修のための教育を行います。

特色

社会や地域への貢献

修了要件

 専門職学位課程に2年以上在学し、所定の専攻科目を46単位以上修得することを要件としています。

学位

 専門職学位課程を修了した者には、「教職修士(専門職)」の学位が授与されます。

教員免許状の取得

 入学時に所有していた幼稚園・小学校・中学校・高等学校の教育職員一種免許状に対応した専修免許状を取得することができます。

広報冊子

教職大学院2019リーフレット PDFファイル