当ページでは、JavaScriptを使用しております。
ご使用のブラウザのJavaScript機能を有効にして、ページを再読込してください。

国立大学法人宮城教育大学教職大学院のロゴマークです

教職大学院とは
ABOUT US

コンセプト

アドミッションポリシー(入学者受入方針)

目的
 幼稚園・小学校・中学校・高等学校・中等教育学校・特別支援学校の高度の専門的な能力及び優れた資質を有する教員を養成することを目的としています。
養成したい教員像
 学部段階や学校教育現場において培われた各分野の深い学問的知識・能力と実践的指導力を基盤に、さらに教職としての高度な専門性を身につけることにより、確かな指導理論の構築と教育現場における今日的課題の実践的解決に寄与しうる能力を有する教員、すなわち、教職としての高度の実践力・応用力を備えた教員、広く地域単位で中核的・指導的役割を果たすスクールリーダーまたはその候補としての力量を備えた教員の養成を目指します。
求める学生像

現職教員
 学校教育現場において直面している複雑・多様な諸問題に対して深い関心と明確な課題意識を有し、その実践的解決に必要な資質と強い意欲を有する者を求めます。

学部卒業生等
 学校教育現場における教育実践を強く志向し、ますます複雑化・多様化する教育的諸問題に対して深い関心を有するとともに、課題を明確化し、それを実践的に解決しうる資質を備えた者を求めます。

ディプロマ・ポリシー(学位授与方針)

 高度教職実践専攻では、所定の単位を修得し、スクールリーダーおよびその候補者としてふさわしい「総合的な教師力」を身につけた者に学位を授与します。

総合的な教師力

カリキュラムポリシー(教育課程編成方針)

 院生の研究課題に応じた指導体制のもと、教師力育成を図る専攻科目を取り入れた教育課程を編成するとともに、課題解決に向けた研究・研修の場を提供します。

指導体制
 院生の研究テーマに沿って、院生1名に対して、専任教員(研究者教員、実務家教員)及び教科・領域バックグランド科目担当教員等から成る指導組織(「教員ユニット」と呼びます)を編成します。この教員ユニットは、ティーム・ティーチングとして大学院での2年間、院生の指導に当たります。
教育課程
 研究テーマに応じた学問的専門性を深化させ、理論と実践の往還を通して、教職に関する諸問題を実践的に追求できるよう科目が構成されています。
 教職に関する領域・科目を系統的に分類し、①主として教育にかかる理論的な学習を包括的に行う「共通5領域」、②理論と実践の往還による研究と学習の成果をまとめる「実践的科目群」、③附属校・連携協力校において多様なタイプの実習を行う「学校等における実践研究」、④個々の学生の課題に応じて理論的な支援及び学び直しを支援する「教科・領域専門バックグラウンド科目」によってカリキュラムを構成しています。
研究・研修
 教職大学院では、本学と連携協力校等の学校現場において研究・学修を進めます。大学の講義以外に、連携協力校等での実践研究、学外の研修会・研究会への参加等、課題解決に向けた様々な取組を行います。2年目は、1年目の学修と研究結果を基に、学校現場における実践的研究を進め、最終的にリサーチペーパーを教員ユニットの指導の下でまとめることができます。